本校では教育活動の中に積極的にICTの力を活用する取り組みを進めています。
3年生以上の全教室には電子黒板を導入してすべての授業で活用、先進の授業形態でよりわかりやすい授業に全教員が挑戦しています。またタブレット端末(iPad)も導入し、電子黒板との連動による双方向型の授業を実現、自らが主体的に学ぶ「アクティブ・ラーニング」や協働的な学習が容易となる環境を整え、学力の向上につなげています。

3年生以上の全教室に導入した電子黒板は、文字・図表・画像・音声・動画などを活用して創意工夫を凝らした独自の教材を作成し、授業を計画的に進めることができます。授業の質が高度化するとともに、よりわかりやすくなり、児童の集中力を高めて学習効果を飛躍的に向上させています。

全教員がこの電子黒板を自由に使いこなし、理解しやすく効果的な授業を展開しています。校内ネットワークやインターネット環境が整備されているため、優れた教材や専門的な資料などを授業に取り入れ、効果的に活用することが容易です。そしてそれらの教材や資料はすべて教員間で共有されており、いつでも互いに活用することができます。

またタブレット端末(iPad)を利用した学習も積極的に取り入れています。タブレット端末の大きな特徴のひとつが「双方向性」です。一人ひとりの意見や考え方は電子黒板上に投影したり、また一覧表示することができ、互いの意見が一目瞭然となります。タブレット端末同士も通信できるため、それらを交換して参照することも可能です。この双方向性により、意見や考え方を「比較」し、「分類」し、「まとめる」作業が容易となり、「協働的」な学びにつながるのです。
また様々なアプリを利用することにより、タブレット端末の利便性は無限大となります。写真アプリを活用した授業、画像や動画のアプリを活用した授業、地図アプリを活用した授業、思考を分類するアプリを活用した授業、発表を補助するアプリを活用した授業、あらゆる教科のあらゆる学習場面で活用することができるのです。

津田学園では小学校だけでなく、中学校や高等学校も積極的にICT教育の導入を進めています。小中高にはそれぞれICT教育の推進担当者がおり定期的に合同の担当者会議を実施、導入機器の選定や情報交換などを進めています。
私たち津田学園の教員には、未来を生きる児童生徒の教育環境を整え、先進の教育を推進していく使命があると考えています。

[津田学園小学校]
〒511-0904 三重県桑名市野田5丁目3-12
TEL:0594-31-9311
""
Copyright(C) 2005 Tsuda Gakuen All Rights Reserved.